人気ブログランキング |

カテゴリ:日記( 59 )

9/4 小さな港
a0207763_22303440.jpg

9/5
a0207763_22305877.jpg

9/6 夏の終わり
a0207763_22311181.jpg



9/7 舟をひとつ持っています
a0207763_22312814.jpg



9/8
a0207763_22314003.jpg



9/9
a0207763_22315283.jpg



9/10 光の向こう側Beyond the light.
a0207763_22320582.jpg





by studio_hirune | 2017-09-10 22:43 | 日記
‪今朝洗濯物を干してたら、踏切の向こうから「うぎゃー!」と男の子の叫び声。その後、その子の泣き叫ぶ声と、お母さんの「誰か手を貸して下さい!助けて下さい!」と叫ぶ声。
線路に立ち往生しているのかと心配になって見てみたら、線路沿いの道で自転車を止めて、ヤクルトレディの制服を着たお母さんが助けを求めている。‬‪

自転車の前後に子供を乗せ通勤途中に、前に乗せた下の子供が、車輪に足を挟んだらしい。
ちょうど町医者の前だったけど、木曜休診だし、時間も早い。
幸い、近くの工事現場に到着したばかりのガードマンや、現場の方数人、通りがかりの人など、人だかりが出来て、工具で車輪を外したり、何とか救出。
その間も「痛いよ!早くしてよ!」と泣く子供。後ろに乗ってた小学生らしきお姉ちゃんも、心配そうにオロオロしている。

お母さんは、男の子を支えつつ、電話をしている。きっと、職場と、保育園と、学童クラブに電話を入れているのだろう。
自分も朝の忙しい時間帯だったけど、身につまされてしまって、気が気でなかった。
きっと同じ様に早朝から必死で家事をして、子供の支度して、自分の支度して、バタバタと出かけたに違いない。けど、毎日そんな思いをしても、そんなに稼げない。
子供にも負担をかけている。職場も融通きくところは少ない。
自分が外で頑張る事が、家族に負担になる。家族の協力と理解が無ければ続けられない。
でもいづれ子供は離れる。あんなに手がかかったのに、必要とされなくなる。‬‪

せめて、旦那さんがいい人で、今日の事も責めない人だといいなぁ。お母さんはあんなに必死でも、子供が怪我をすれば、必ず何処かでは批判されるから。‬‪

男の子が救出された後、親子3人だけ残った。お母さんは男の子を抱き上げ、お姉ちゃんと手を繋ぎ、暫くすると救急車が来て、長い事中にいるみたいだった。私が子供を送って戻ると、親子も救急車も居なくなっていた。‬

by studio_hirune | 2017-08-24 12:35 | 日記
a0207763_07462978.jpg


今日は午前中、最終日だったデイヴィッド・ホックニー展へ、町田まで行ってきた。マルッと忘れていたのだけど、友人の投稿で思い出し、諦めていたけど、無理して行ってみて、よかった!

銅版画を始めた頃、煮詰まると教科書のようにめくっていた、懐かしい画集の作品が、目の前に並んでいた。版画を始めた頃は、下絵をかっちり考えて、そのイメージと版で作られた物が、どんどん離れてしまう事に、戸惑っていた。
改めて見る版画作品は、画面の取捨選択が素晴らしくて、版画の良さをパッといとも簡単に見せてくれているよう。あの作品に漂う、スピード感、だけど色褪せない感じって、どうすれば。。
線にも色々あって、銅版だけでも、技法によって、全くテクスチャーの違った線が、ただの1本の線が、色々使い分けられていて、線だけでも、こんなに出来る、線を更に立体的に印象深く使う事が出来る、と改めて学ばせてもらった。

紙も意外とフラットなのがお好みなんだな、と自分と好みが近い気がして嬉しかったり。

タイラーの版画工房の本も良かったけど、初めの頃の、窓と椅子の版画が使われていた、文字の大き目の、大きな本、カッコよかったー。 「ホテル アカトラン 2週間後」の大作を堪能出来たのが、本当に良かった。
色々思い出したりして、久しぶりに脳みそに血が巡った気がした。
とても記しきれないや。
by studio_hirune | 2016-11-24 07:40 | 日記
ずっと後回しになっていた案件。プレス機のチョビっとカスタマイズ。
新日本造形などのプレス機を製造している「SATAKE機械製造」さんが、実はさいたま市にあり、我が家から車で20分程の、埼玉的感覚では「近く」にあるのです。埼玉に住んでて良かった、と思う事の1つ。
上は、結婚する時に、「元から私の持ち物ですけど?」と後から反対されたり、迷惑がられたりせず、涼しい顔して運び込んでやろう、と大急ぎで買った、文房堂の小プレス機。圧を〆る所が、バーで無く、握りの為、私の力では、満足な圧の所まで締められず、最近は出番が無くなっていた。でも、この子が使える状態で、近くにあると、私はとても安心するのです。WSなどの時にも使えるし、この先、老後なんて、意外とこの子が主役になるかも知れない。。と言うことで、握りをバーに変更。
下のは、今メインで使っている、リン版画工房のプレス機のハンドル。こちらの製造はSATAKE機械さん。リン版画工房に問合せて、SATAKE機械さんに辿り着けました。お世話様でした。
リン版画工房のプレス機は、自重を軽くする事に腐心された設計で、とても良く出来ているのですが、女の私には、機体の自重が軽い分、少々回すのに苦労するのです。
多色刷りのエディション、となると、かなり萎えるので、少しでも軽く回せないか、とハンドルを少し長くして貰う、猿知恵作戦。
出来上がりは1週間後だそう。
思惑通り、使いやすくなるといいなぁ。

a0207763_16015579.jpg

by studio_hirune | 2016-09-29 16:00 | 日記
昨日はまさに、友達のうちはどこ?状態だった。
学童にお迎えに行くと、〇〇ちゃんに、お休みしたから宿題届けるの。と息子。
学童なので、お迎えの時点で6時過ぎてた。普通は学童じゃない子が届けるのに、息子が名乗りを上げたらしい。

しかし、〇〇ちゃんという女の子と遊んだ事も無いし、普段あまり名前も聞かない。お家知ってるの?と聞いたら、「多分ね。」と妙な自信と曖昧な返事。
「時間も遅いし、ちゃんと分からないと、お友達も宿題出来なくて困るよ?」
「セキ薬局の近くだから大丈夫。」
と言うので、とりあえず薬局に車を停めて、歩いて探すが、右往左往するばかりで、知らないらしい。

ついに私が激怒。
知りもしないのに、手を上げたのか❗️あんたのせいで、お友達が困るだろう❗️どうするのか❗️と爆発した後、別のお友達ママが「〇〇ちゃん家によく遊びに行くらしいんだけど、家もその子も知らないのよね。いつかそのお母さんにお礼言わなきゃ」と言っていたのを思い出し、連絡。
迷惑と知りながらも友達宅に行き、風呂上がりのお友達を伴って無事〇〇ちゃんに宿題を届けた。
その間息子は私が激怒していた事もあり、顔を真っ赤にして、無言でバツが悪そうだった。機関車トーマスと同じ、ただ役に立ちたかったのだ。

私は自分が個展と〆切の忙しい事もあり、余計にこのタイミングで❗️と頭にきて、怒りをぶつけてしまった。
役に立てて喜ばれる筈だったのに、とんでも無い事になってしまって、耳を赤くして、涙を堪えてる息子。

母が必要以上に怒ったからだ。
私に余裕があれば、その状況もお家探しを2人で楽しめたし、お友達にお願いして、見つけて、皆んなで大冒険だったね、と出来たのに。
余裕があれば、お迎えももう少し早く行けたのに。。

ご飯もメインは冷凍食品で済ませてしまい、2人して沈んだ夕ご飯をとった。

「怒ってごめんね。良いことしたかったんだよね。」と、ご飯の後息子に言って、お詫びに例のドラックストアに行って、2人でジャイアントコーンを買った。
歩きながら黙って食べた。
by studio_hirune | 2016-07-07 07:56 | 日記
a0207763_16452678.jpg

「リラックス」クレヨン、ノート
by studio_hirune | 2016-03-23 16:44 | 日記
a0207763_1225516.jpg

草原の家族


a0207763_12255295.jpg

彼女たちにも星が降る


a0207763_12255339.jpg

森で
by studio_hirune | 2015-01-27 12:24 | 日記
a0207763_2359444.jpg

お婆さんのところにも星は降る。
by studio_hirune | 2015-01-26 23:56 | 日記
a0207763_2210045.jpg

コーヒーショップにて、そろそろ退屈する息子。
by studio_hirune | 2014-03-07 22:06 | 日記
a0207763_2255878.jpg

a0207763_2255880.jpg

まだ手が子ども。小さい子の手。
by studio_hirune | 2014-03-06 22:02 | 日記