人気ブログランキング |

<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

クリスマスなんて、と思っていたけれど、流石に隠し通しておけるものでもない。
チビも幼稚園などで色々クリスマス情報を仕入れてきて、4歳ともなると、「サンタさんは?クリスマスツリーはどうしてウチに無いの⁇」などと言い始める。
のらりくらりかわしていたけど、ツリー、そろそろ買ってあげようかな、飾るのは楽しいだろうし、どうせ買うなら素敵なの…と、思い始めた矢先。
週末、何時ものように夫と息子で100均に画用紙を買いに出かけた時のこと。
帰って来ると、夫が「ハルがクリスマスツリー作るから、これ買えって言うんだけど。」と緑と白の毛糸玉をふたつ、買って帰って来た。
それから、現場監督のように色々私や夫に(主に夫に)支持を出して、壁に糸で平面のツリーに見たてたものを作った。ビックリした。自分でイメージして、「これで作れる!」と毛糸を見て思ったのだ。
何だか感激して、色々協力することにした。クッキーを一緒に作って、毛糸の糸に吊るすことにしたり、飾りも色々作って切って飾ろう、ジジもババも招待して、みんなで一緒にクリスマス作ろう、って盛り上がった。
そして、約束の今日。毛糸のツリーに折紙で星を作って、テープで糸を留めた所を隠して飾ろうとか、トナカイや天使も切って貼ろうとか、朝からチビも張り切っていた。
だけど、なんだか怠そうにしてる。昼頃、ジジババがケーキとプレゼント持ってやって来た頃には、8度5分の熱を出してた。
それでも、お客さんとプレゼントに興奮して、クッキーの型抜きしたり、プレゼントの電車のDVD見たり、はしゃいでいたけど、とうとうダウン。ジジババも早々に帰る事になった。
頬っぺたと耳を真っ赤にして、「俺のクリスマス、こんなはずじゃなかった!」とばかりに、チビはオイオイ泣き出した。玄関まで父ちゃんに抱かさって、悔しさにオイオイ泣きながら帰っちゃダメだと愚図ったけど、とうとう観念して、さよならをした。ジジババが帰ってしまうと、父ちゃんに抱かさったまま、顔をうずめて、また更にオイオイ泣いた。本当に人ってオイオイ泣くんだなぁ、と思った。さぞかし無念だったんだろうと思った。皆で飾りつけして、ケーキも食べるはずだったのに。
結局、母ちゃんから、解熱剤と抗生物質を飲まされて、かなり頑張っていたけど、とうとう眠らされた。
明日には熱下がっているだろうか?
下がっていたら、母ちゃんと一緒にクリスマスの飾り、作ろうね。
a0207763_1101461.jpg


a0207763_1101511.jpg

途中まで作った、お星様。

a0207763_1101646.jpg

幼稚園で貰った、かわいいサンタカードと、黄色い目をしたチビの極悪サンタ。
左の小さいのは、E231系山手線だそう。

a0207763_1101629.jpg

残りのクッキーも、飾ろうね。
by studio_hirune | 2013-12-24 00:23 | 日記