人気ブログランキング |

<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0207763_117191.jpg

ずっとアップしようと思って、気持ちを考えているうちに、時間だけ過ぎてしまいました。

先月のグループ展で、遠方なので、お越しいただけなかったけど、古い友人の立石さんが連絡を下さいました。
作品も人柄もとても好きな方に、カードを送って欲しい、と言われ、とても嬉しかったのです。

彼女は、とても素敵な画家で、そして最近の彼女から感じることは、描くという行為だけが、表現ではない、ということ。
作品は、ふんわりしていて、でも揺るぎないもので、とても惹かれるものですが、彼女からも、同じように、柔らかだけれど、とても芯の強いなにかを感じます。
その人の印象と絵の印象がブレていません。日々の事と作品が同じように、真面目に一足づつ地面に下ろしているような感じです。
芯に何かを表現しようとする人、感じ取ることのできる方だと感じています。
絵を描いていても、誰の心も揺らせない、表現出来ていない絵を描く人は、私を含め、掃いて捨てるほどいるのに。

制作を続ける、それだけで、とてもすごい事で、その中でさらに活躍されている方は、本当に限られた、与えられた時間と必要な何かを最大限に活かしているので、本当に尊敬します。そして刺激もうけます。
私も彼女も、今は前のように作品の制作は出来ていません。そんな中でも、その人自身から、常に刺激を受けたり、何か大切な気持ちを感じとれたりする方もいるのです。とても数少ないですが。

彼女の選んでくれたものが、ただ作りたくて、ぽっと出てきたもの、手を動かした先に、ころっと出てきたもので、良かったです。
何かの目的、表現しようと作り上げたもので無いものの方が、誰かの気持ちに届く事もあるのだと、改めて感じました。

昔、先生に言われた事。
たいした絵も描けないのだから、とにかく手を動かすこと。何かを思って作っていった先に、ある時、作家の手をポロっと離れていったものが出来る。そこまでいけたら、もうけもの。

技術もなく、大した人間でも無い自分の考えてるイメージなど、伝わってもきっと詰まらない。
先生の言っている次元とは、まるで比べものにならない所の話だけど、色々思い出したり、感じたりしていました。

また少し歩けそうです。
by studio_hirune | 2014-09-11 08:40 | 雑記
光のむこう
a0207763_22295946.jpg


今回は、前回とは雰囲気の違う絵です。
前回は、子どもの影響で気分がのって描けた感じですが、今回は、うっすらあったイメージを、うっすら壊さないように、さっと描いた感じです。

今までだと、こういう絵は、何処にも見せずに消えていましたが、今回は、こういう場を設けたので、出して見ることにしました。

しかし、展示してみると、むづかしいものです。
自分のサイトで出すのとは違うので、何の説明もなしに、私の作品も知らず、この企画だけを見たら、どんな人間なのか、まるで分からないと思いました。
隔週の企画とはいえ、これがかきざきさんの絵ですか?と聞かれると、色々あるウチの一つです、と答えてしまうと思います。どんな絵を描いても、はいそうです、と言えるようにしたいです。

イラストの仕事ではないので、最初から決めて描くような事はせずに、その時その時の描きたいと思ったものを、理由をつけずに描いていきたいと、まずは第1に思っています。

そして、今日歩きながら感じたことは、平面で作る作品は、なるべく、描いてある題材のみに物を言わせるようなものでは無い物を作っていきたいと思いました。
当分、試行錯誤が続きそうです。何をやっているのか、伝わらない事が、この先続くのでは、と少し不安にも思いました。
けれど、先に進むためには、この迷走は避けられないとも思っています。

T-BOX通信

http://blog.livedoor.jp/tbox/archives/53068874.html
by studio_hirune | 2014-09-09 21:57